<マスキングテープでお手軽DIY>イメージカラーやテーマに合わせてオンリーワンの世界観を。


500マステ

「1枚貼るだけ」の手軽さが魅力のおうち写真館。
…ですが、思い思いのアイテムを取り入れて、オンリーワンの世界観を作り上げるのも、おうちでの撮影ならではの楽しみですよね。

そんなコーディネートのキーになるのは、イメージカラーや雰囲気の統一感。
とはいえ、おうち写真館にばっちりハマる色合いのアイテムを探して集めて…というのもなかなか大変なものです。

そんな時、マスキングテープを使えば、イメージ通りのアイテムを自分で簡単に作れちゃいますよ!今回は、マスキングテープ活用術を2種類ご紹介します。


Lesson1.フレームを好きな色味に替えてみる。
おうち写真館の撮影の際に、お子さんの成長を残した写真や手形などを入れたフレームを小道具として並べるのは、どんな方にも取り入れやすい方法ですよね。
そんな「フレーム」も、マスキングテープを使えば簡単にカラーコーディネイトできちゃいます。

・道具:マスキングテープ、はさみorカッター、フレーム

lesson1-1
・プロセス:フレームにお好みのマスキングテープを貼るだけ。

lesson1-2

これなら簡単に、お子様とも楽しく準備ができますね。
ポスターの色味やデザインに合わせて楽しくチョイスしてみてください。


Lesson2.アルファベットレターを好きな色味に替えてみる。

お子さんの名前をオシャレに写真に入れ込むのに大活躍なのが、アルファベットレター
これも、ただ買ってきたものを並べるのではなく、マスキングテープを貼ってアレンジすると、イメージカラーにマッチしたコーディネイトアイテムに変身します!

・道具:マスキングテープ、カッター、アルファベットレター

lesson2-1
・プロセス:
1. マスキングテープで、アルファベットレターの表面を覆います。

lesson2-2

2. テープがはみ出た部分をカッターでカットします。
このとき、アルファベットレターの縁に沿って裏側からカットすると、定規などなくてもきれいにカットできます。

lesson2-3


できあがりはこんな感じに♪
並べるととってもかわいいですよね^^

500


では、作り方のコツをまとめてご紹介します♪

Lesson1、2共通の4つのPoint
①土台を選ぶコツ
土台になるフレームは、なるべく色味が白っぽいものの方がマスキングテープの色が思い通りに出ます。フレームに凹凸や彫刻などの細かいデザインがないものを選ぶのも、テープを簡単に貼るコツです。

②簡単にしたいならば、無地テープがオススメ
柄入りのテープの場合、柄あわせをしないといかにも「テープを貼り合わせました」という印象になってしまうので、余り手間をかけたくない方は、無地のテープを選ぶのがオススメです。

③貼り方のコツ
テープを貼るときにテープ同士が重なり合うところとそうでないところがあると、色むらができてしまうので、テープ同士が重なり合わないようにすると仕上がりがキレイです。

④テープの柄を選ぶときは
写真に写真でテープの柄をはっきり出したいときは、柄は大き目、テープの模様に使われている色のコントラストが大きいものを選びましょう。グラデーションカラーだと、遠目に見ると柄がぼやけてしまいます。


今回は、フレームには柄が細かいテープ、アルファベットレターには柄が大きめのテープを使ってみました。それぞれ印象も異なると思いますので、ぜひご自分で作るときのご参考にしてみてください。

マスキングテープを使えば、失敗した時や色を替えたいとき簡単にやり直せますし、撮影が終わったら剥がしてしまえば元通り!なので、DIY初心者さんにはとってもオススメです!

ぜひ、世界で唯一のアイテムで、思い通りの世界を作り上げてみてくださいね^^


▼グラこころのおうち写真館 ご購入はこちらから
online_link

かぞくのためのグラフィックグッズ専門店<グラこころ>
HP:http://gracocoro.com/
Facebook:https://www.facebook.com/gracocoro
instagram:https://instagram.com/gracocoryoko/


2017-09-11 | Posted in アイディアノートComments Closed 

関連記事