2018年!戌年の年賀状撮影には、簡単DIYの「犬耳」がオススメ♪


TPIN

早くから本当にたくさんのお問い合わせをいただいていた「グラこころのお正月」シリーズ。中でも、今年の干支であるイヌをモチーフにした<おうち写真館 戌年>は、大人気の予感!

今年のおうち写真館、ポスターの前で普段のお洋服でも十分かわいいのですが、やはり「2018年」ならではの雰囲気に仕上げるなら、「戌年」を全面に推し出すのがオススメ

グラこころでは、毎年おうちで簡単に楽しんでいただけて、なおかつかわいくみえるアイディアを考えているのですが…
今年はコレ!
IMG_9804
犬のお耳を付けて、お鼻には茶色いシールをペタリとすることで、ワンちゃん感を演出!

実は撮影で使用した「犬耳」はハンドメイド。しかも、針も糸も使わずに作れるんです!
今回のアイディアノートでは、そんな「犬耳」の作り方をご紹介します。


犬耳のタイプは2種類!

500171028_625
今回ご紹介するのは、2種類の犬耳。
撮影の時に使用したプードルのように垂れ下がった「垂れ耳タイプ」と、柴犬のように耳が立った「三角耳タイプ」の2種類。
それぞれの作り方をご紹介していきますね。


材料
image_6483441 (11)

・型紙
・ボア生地:三角耳…幅15cm×長さ15cm/垂れ耳…幅50cm×長さ20~25cm
・カチューシャ
・厚紙(三角耳のみ使用)
・ワイヤー(垂れ耳タイプのみ、必要に応じて使用。今回は#22の太さを使用。)
・道具/グル―ガン(手芸用や木工用の接着剤でも代用可)、ハサミ(できれば布用)、カーペット掃除用のコロコロ(orガムテープ)


なお、ボア生地の量ですが、毛並の向きがハッキリしている(毛の流れが明らかに一定方向)生地を想定してすこしゆとりをもって表記しています。
毛の流れを気にせず裁断できる場合には、もっと少ない布の量で作成できます。
カチューシャ1つ分の犬耳を仕上げるには、型紙×4枚分の生地を裁断する必要がありますので、実際に使用する生地を見ながら、必要な量を計算してください。

 


作り方/垂れ耳タイプ

①型紙に合わせてボア生地をカットします。
image_6483441 (12)

まずは型紙を用意します。耳の長さはお好みでOKですが、お子さんが装着する場合は短めなら長さ15cm、長めなら20cmくらい幅は一番太い部分が10cmくらいを目安にするとよさそうです。写真のように、少し丸みを帯びた「しずく型」のような形にします。
型紙ができたら、ボアの裏地側にあてながら4枚分カットします。

IMG_2059
なお、ボア生地をカットするときにハサミを大きく開いて切ると、ボアの毛足まで切れてしまいます。
ハサミは小さく開いて、毛足の間をぬうように、裏地だけすくうようなイメージでカットしましょう。
また、カットした後は、生地の端の部分から切れた毛やほつれた毛がポロポロと出てきます。手で優しく引っ張って取り除いたり、コロコロ(粘着シート)をあてて、クズを取り除きましょう。

②ボアの片面に、グルーでワイヤーを固定します。(省略可)
IMG_2157
撮影の時に耳に角度や動きを自由に付けたい場合には、ボア生地の片面に輪にしたワイヤーをグルーで固定します。写真の青の楕円のイメージで、ボアの裏地よりも一回り小さい輪をワイヤーで作り、円周の2~4カ所ほどをグルーで固定します。
完成後、耳がたらーんと垂れた状態に仕上げたい場合には、この手順は省略しても問題ありません。(ただ垂れた耳でも十分かわいいですよ^^)

③グルーで、2枚のボア生地を貼り合わせます。
image_6483441 (13)
ボアの裏地の、少し内側にグルーを塗って2枚のボアを貼り合わせます。(裏地の端ギリギリにグルーを塗ると、貼り合わせた時にグルーがはみ出てボアの毛足につく可能性があるため)
②でワイヤーを入れた場合には、ワイヤーよりも少し外側にグルーを塗るようにしましょう。

④形を整えます。
IMG_2057 (1)
耳の形がキレイに見えるようにはみ出た毛足をカットし、貼り合わせたボア生地の境目が目立たないように両面の生地の端をなじませます
ちなみに、カットするときは、根元からカットしてしまうとボアを貼り合わせた断面がハッキリわかりやすくなってしまうので、毛先をカットして形を整えるようにしましょう。


⑤カチューシャに耳を貼り付けます。

IMG_2066
耳の上の方のボアをかき分けるようにして、毛足の根元の生地にグルーをつけてカチューシャに固定します。
実際に耳のパーツを接着する前に、カチューシャのみ試着して、耳をつける位置を確認して目印をつけておくと失敗がありません。


作り方/三角耳タイプ

①型紙に合わせてボア生地をカットし、それより少し小さ目に厚紙をカットします。
image_6483441 (14)
型紙を用意(今回は一辺が約6cmの正三角形。多少歪んでいてもOK。)し、ボアの裏地側にあてながら4枚分カットします。
また、厚紙は型紙より少し小さ目(今回は一辺が約5cmの正三角形)に2枚分カットします。
カットのコツや、カット後の毛足クズの処理は、「垂れ耳タイプ」の作り方①を参照してください。

 

②ボアの裏に厚紙を貼ります。
IMG_2058
ボアの裏地の底辺と、厚紙の底辺を合わせるように貼り合わせます。貼り合わせるときはグル―ガンを使いますが、厚紙の底辺以外の二辺の少し内側にグルーを塗るようにしましょう。(厚紙の辺ギリギリに塗ると、グルーがはみ出てボアの毛足について固まってしまうため)


③②で作ったパーツに、もう1枚のボアを貼り付け、形を整えます。

厚紙とボア裏地の境目くらいの部分にグルーを付けて(②と同様、毛足にはみ出るのを防ぐため)、もう1枚のボアをかぶせるように貼り合わせます。この時、底辺にはグルーは付けず、②と同様底辺以外の二辺のみ接着すればOKです。
また、この段階で、耳の形がキレイに見えるようにはみ出た毛足をカットしたり、貼り合わせたボア生地の境目が目立たないように両面の生地の端をなじませるようにしましょう。
ちなみに、カットするときは、根元からカットしてきっちりした三角にしてしまうとボアのかわいさが半減するので、毛先をカットして形を整えるようにするとフワフワ感が残ります。

④カチューシャに耳を貼り付けます。
IMG_1940
ここまでグルーをつけていない底辺の部分の厚紙にグルーを塗って、カチューシャの前面が少し隠れるように耳を接着します。(カチューシャ上面の平らな部分ではなく、前側に付けることで、耳をキレイに立てた状態で固定しやすいのと、装着した時に髪への馴染みが良くなります。)
実際に耳のパーツを接着する前に、カチューシャのみ試着して、耳をつける位置を確認して目印をつけておくと失敗がありません。


今回の撮影では、いくつかアイテムを用意しましたが、子どもたちの間では、この犬耳が大人気!
みんな着けたい!とリクエストが多く、たくさんのかわいいワンちゃんたちの写真が撮れました^^
撮影のときのテンションUPにもつながって、とてもオススメです♪

500_MG_7684
ポーズもバッチリ♪
500171028_398
骨型のクッキーと一緒に^^

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね♪


▼グラこころのおうち写真館 ご購入はこちらから
online_link

かぞくのためのグラフィックグッズ専門店<グラこころ>
HP:http://gracocoro.com/
Facebook:https://www.facebook.com/gracocoro
instagram:https://instagram.com/gracocoryoko/


2017-11-10 | Posted in アイディアノートComments Closed 

関連記事