【ライトDIY第2弾】チュール&ハニカムボールで雪のようなホリデーデコレーション!


TP1122

以前のアイディアノートでご紹介した「ピンポンライトDIY」では、たくさんの反響をいただきました!
実際にDIYしたライトと一緒に、おうち写真館で撮影してくださったお客さまも…♪(ありがとうございます!)

そこで、ご好評にお応えして、今回はライトDIY第2弾
クリスマス間近のこの季節にぜひ試して頂きたいライトを2種類ご紹介します♪

もちろん、今回も針などは使わないので、不器用さんもどうぞご安心を
どちらもホリデーシーズンにふさわしい、
雪のようなやさしい光とかわいい仕上がりですよ…♡

なお、熱が発生するライトは火災などの危険がありますので、
必ずLEDライトを使用してください。


まるで天使の羽が舞い降りたよう…♡チュールライトをDIY!

IMG_3501
まずご紹介するのはこちら♡
ふんわり優しいチュールは、まるで天使の羽のよう…。
優しい光と、プリンセスのようなかわいいルックスが魅力的です^^

それではさっそく作り方をご紹介します!


<材料>
IMG_3470 (1)
・ チェーンライト (撮影には、電源の位置を選ばない電池式が便利です)
・ チュール (15cm×20cmの大きさで1灯分)
・ 道具/ハサミ

チュールは、チェーンライトの灯数に合わせて、必要な量を用意してください。


<作り方>

①チュールをカットする。
IMG_3502
チュールを、15cm×15cm、15cm×5cmにカットします。
これで1灯分ですので、必要な灯数分だけ準備しましょう。
大きさは、好みや布の量に合わせて変更してもOKですし、
サイズや切り口がキレイに揃っていなくても問題ありません^^

 

②大きい方のチュールを蛇腹に折る。
IMG_3464
チュールの中央を持って、蛇腹状に折ります。
(仕上がりは、蝶ネクタイのような形になります)
蛇腹の幅や折り方は適当でOKですが、
1.5cmくらいの幅が次のステップで作業しやすそうです。

③ライトをチュールで包みこむ。
IMG_3465

ライトの後ろ側(根元の方)に蛇腹に折ったチュールの中心をあてて、ライト側に包み込みます。

④小さい方のチュールで結んで大きなチュールを固定する。
IMG_3503
ライトの根元部分に、小さい方のチュールを巻きつけてきつく結びます
こうすることで、大きなチュールが固定されます。
なお、小さいチュールは、余った布の部分はカットしなくても大きいチュールとなじむのでそのままでOKです。

⑤完成♪
IMG_3475 (1)
あっという間に完成です♪


垂らしても置いてもOKな万能アイテムに…
IMG_3477 (1)
完成したライトは、おうち写真館と一緒に背景として垂らしても、テーブルデコレーションアイテムとして使ってもかわいい万能アイテムに^^
少し光が柔らかくなり、写りこむチュールが可憐な雰囲気にしてくれます!


男の子にもOK!ハニカムライト
IMG_3435
続いてご紹介するのは、ハニカムボールを使ったライト。
男の子にもOKなアイテムです。

繊細な材料ですので、少し手間と注意が必要ですが、かわいい仕上がりなので、ぜひお試しを♪


<材料>
IMG_3424
・ チェーンライト (撮影には、電源の位置を選ばない電池式が便利です)
・ ハニカムボール (今回は、セリアで購入した直径6cmのものを使用)
・ 道具/ハサミ

ここで、大きなポイントがライト選び。
IMG_3506 (1)
できるだけ、ライトの根元~先端が細いものを選ぶと作業がしやすいです。

IMG_3507
手持ちのライトの根元にパーツがついていて邪魔な場合、パーツが動かせるものもありますので、確認してみてくださいね。

ちなみに…。今回は使用しませんでしたが、ダイソーでもチェーンライトを発見しました!
image_6483441 (1)
写真の「常時点灯」タイプの他に、「点滅」タイプもありましたが、撮影の時には常時点灯がオススメです。一見わかりにくいのでご注意くださいね。
また、こちらの「電池式」の他に「USB」のものもありました。持ち運べる方が撮影には便利だと思いますので、そのあたりも考慮して選んでください。

image_6483441
この商品、ライト部分が細くてとてもシンプルな構造!今回のDIYではオススメできる部類です♪

ただし、こちらの商品、常時販売しているものか、クリスマス時期だけなのかは不明ですので、気になる方は念のため早めに店舗をチェックしていただくことをオススメします。

 


<作り方>

①ハニカムボールの厚紙の一部をカットする
IMG_3504

右が購入したままの状態(吊り下げ用の紐はカット済み)。そこから、左のように、厚紙の一部をカットします。

②ハニカムボールにライトを挟み込む
IMG_3505 (1)
ハニカムボールの中心のくぼみにライトの電球部分を当て、①でカットしたところに根元~コードを沿わせるようにした状態で、ハニカムボールを広げてライトを挟み込めば完成です。
電球の大きさやコードの太さによっては、元々ついている両面テープで厚紙を固定しにくいので、場合によっては市販の両面テープを円の縁(弧の近く)の位置に追加して貼ると固定しやすいです。


テーブルデコレーションにオススメ♪
IMG_3444
ハニカムボールは薄紙でできているため、気をつけて扱わないと潰れてしまいます。例えば座ったお子さんの周りに転がすような使い方だと、お子さんが動き回った瞬間に壊れてしまう可能性も…。
そのため、完成したハニカムライトは、テーブルデコレーションなどに用いると安心してかわいく使えますよ♪


ちょっとした灯りがプラスされるだけで、パッと華やかになってあたたかみも加わり、まさにホリデーシーズンの雰囲気に…。
撮影アイテムとして使ったあとは、そのままインテリアの一部として飾るとお部屋のデコレーションもセンスアップしますよ^^
ぜひトライしてみてくださいね♪

*このアイディアノートで使用したデザインは…
wish


▼ご購入はこちらから
online_link

かぞくのためのグラフィックグッズ専門店<グラこころ>
HP:http://gracocoro.com/
Facebook:https://www.facebook.com/gracocoro
instagram:https://instagram.com/gracocoryoko/


2017-11-26 | Posted in アイディアノートComments Closed 

関連記事