アレンジで春気分UP♪大人気商品「雛飾りポスター」の飾り方レシピ

暦の上ではもう春!そろそろお雛様を飾ろうかな?という気分になりますね。

グラこころのひなまつりシリーズの中でも、お雛祭りの時期ならではの商品と言えばB3サイズの「雛飾りポスター」。コンパクトなサイズで、「お引越しが多くて」「収納場所がなくて」なかなか雛人形を購入できないお客さまや、「産まれて間もなくやってくる初節句、来年に向けてひな人形はじっくり選びたいけれど今年も華やかにお祝いしてあげたい!」というお客さま、「ひな人形にプラスしてより華やかにお祝いしたい…」というお客さま…。それぞれのご事情やシチュエーションにもバッチリ対応できるこちらのポスター、本当にご好評いただいています^^

そこで、今回のアイディアノートでは、「雛飾りポスター」のかわいい飾り方をご提案♪そのまま飾るだけでもかわいいポスターが、既製品やDIYでのひと手間、ちょっとしたコツをプラスするだけで、ひな祭り気分をより一層盛り上げるアイテムに…。
ぜひ最後までご覧くださいね♪


お花模様のコースターやガーランドで簡単コーデ!

桜柄のコースターやガーランドを一緒に飾れば、お部屋の一角が一瞬にして春モードに…。
今回使用したのは、「Awesome Store」のもの。(その系列で全国店舗数がより多い「off&on」でも購入可能)


もちろん、新作「blossom」もこんなに華やかに♡

壁に貼るときには、マスキングテープや、100均で販売されているような練り消し状の粘着剤などを活用すると壁に穴も開きませんね♪

他にも、「Seria」をはじめとした100円ショップでも桜などのインテリアアイテムが並び始めていますので、本来の用途にとらわれず自由な発想でぜひチェックしてみてください^^


長期間お手入れいらずで楽しめるポンポンツリーなら愛らしく♡

ふわりとした質感と、コロンとした形状が、どことなくあたたかみを感じさせてくれて、春の始まりにピッタリの彩りをプラスしてくれるポンポンツリー
背景のひし餅型のガーランドで、和の雰囲気を一層盛り上げて…。


今年の新作「blossom」と飾るなら、ひし形ガーランドは無地にすると、それぞれのかわいさを邪魔することなくコーディネイトできます。


このツリー、木の枝にポンポンを貼り付けただけ。もちろん、お水もいらないので、お手入れも必要ナシ!
「ポンポンツリー」と「ひし形ガーランド」の詳しい作り方やコツは、この記事の後半でご紹介します♪


春爛漫にしたいならやっぱり生花がオススメ♪

春らしい雰囲気を出したいなら、やっぱり生花!とはいえ、「かわいく飾る」のって、意外と難しいんですよね。
そんな時は、それぞれのフラワーベースに1種類ずつお花をまとめて飾ると簡単にかわいくキマります!


今回用意したのは、スイートピー(紫2本)、ラナンキュラス(黄・ピンク各3輪程度)。
もちろん、菜の花(黄)や桜・桃(ピンク)などに替えて組み合わせても…♡


フラワーベース(空きビンでも可)は、底面よりも少し口が狭くなっているものが飾りやすくてオススメです。
茎がつぶれない程度に、同一種類のお花をきゅっとまとめて…。各フラワーベース自体の高さを少しずつ変えるとリズムが出てかわいいですよ。
スイートピーは、瓶の口をフリルで飾るイメージで。ラナンキュラスは瓶の口の部分から花同士が少しずつ重なり合うように高さを変えていくとオシャレに見えます。


ちなみに、スイートピーを切り分けるときのポイントをご紹介。写真の点線の部分をカットすると、それぞれのお花にしっかりとした茎がついている状態になるので、活けやすく、お花のロスも減りますよ!(他の種類の枝分かれしたお花や枝ものにも同様のカットがオススメです^^)


お花屋さんの店頭で、好きなお花を一種類ずつセレクトするのも楽しいですが、組合せに自信がない、リーズナブルにお花を用意したい…という場合は、「春のお花セット」「お雛祭りセット」のように、予め何本かが束になっているものを選ぶのもオススメ
この方法なら、オシャレなお花屋さんでなくても、スーパーなどに併設されているお手軽なお花屋さんの中で十分に季節のお花が揃えられます。


より華やかで豪華にしたいなら、こんな生花の飾り方も…


先ほどの方法よりは少し難しいですが、お花をたっぷり生けたいならこんな方法も。


今回は右から時計回りにコデマリ(枝もの)マム2輪(面が広い形状のお花)スイートピー3本(直線的で、ラインがお花に埋め尽くされている形状)を用意しました。
もちろん、他のお花でもOKですが、()内を意識して花選びをすると活けやすいですよ。
また、お花の色味は、やさしめのピンクにしましたが、もう少し濃いめのものでもOK。ただし、使うお花の色は増やさず、似たようなトーンでまとめるのがコツです。


まずは、マムの葉を取り除きます。


2輪のマムを、花器の口に寄りかからせるように活けます。このとき、2輪が少し重なり合うようにすると素敵です。


続いて、スイートピーを、右or左、いずれかに傾くようにまとめて活けます。
花器の形状などによって思い通りの角度で留まらない場合には、後程ご紹介する「ポンポンツリーの作り方」の手順①でご紹介するセロハンテープの裏ワザを使ってみてください♪


最後にコデマリを切り分けて活けますが、ここで注意!
枝には、裏表があります。今回の枝はお花が少な目でわかりにくいのですが…左の方が葉の表側やお花が良く見えます(=表側)。一方右側は、ほとんどが葉の裏側しか見えません。つまりこの枝の場合、左側の写真の向きで使うと、枝がキレイに見えるんです。


スイートピーの反対側、枝の表側が見える向きにコデマリを活けて完成です!


女性らしく華やかな雰囲気になりますね♪

ちなみに、生花を扱う時の基本的なポイントは以下の通り。お花が長持ちしますよ♪
・ お花の切り口は基本的に斜め
(茎の断面積が広くなることで、お水を吸い上げやすくなります。)
・ お水に浸かる部分の葉は取り除く
・ 球根など茎の柔らかいお花は、茎がお水に浸かる深さは2~3cmに。
なお、これらのお花は、茎は斜めではなくまっすぐカットしてOKです。
(例:チューリップ、ヒヤシンス、ガーベラなど)
・ 枯れたお花は早めに取り除く
・ お水を替えるときは、花器の中や水に浸かっていた茎の部分も洗う
・ 水替えの時に茎の断面が変色・ブヨブヨしていたら、カットして活け直す


さて、ここからは、今回ご紹介した飾り方の中に登場したDIYアイテムの詳しい作り方です。
それぞれポイントもご紹介しているので、必読ですよ♪


<1>ポンポンツリーの作り方

「ポスターと一緒にお花を飾りたいけれど、お手入れが面倒…」
「どうせなら長い期間、楽にかわいく飾れる方法がいい!」
そんな方にオススメなのはボンボンツリー。

お水も不要で、大き目の花瓶に挿しておくだけ!
まだ寒さののこる春先に、ちょっと温かみのあるポンポンがお花のようなかわいらしさを演出してくれます♪

材料

・ポンポン (ダイソーで購入)
・枝 (今回は啓扇桜を使用)
・花器

・道具/グルーガン・ハサミ(・セロハンテープ)

今回ポンポンは、大・小2種類を織り交ぜて使用しています。リズムが出て簡単にかわいく仕上げられますが、1サイズのみで作ってももちろんOKです。

枝はお好みのもので。
例えば、今回のような桜も最近お花屋さんに出回っていますが、一度普通にお花が咲く様子を生花として楽しんだ後に、枯れてしまったお花を取って残った枝を今回の材料として使うのもオススメです。
もちろん、お花屋さんで買わず、お散歩の時に拾った枝でも…。

枝選びでポイントなのは、枝分かれしている形のもの。
枝同士が絡み合うことで花器の中で固定もされやすく、飾った時も様になりやすいので、初心者さんにオススメです♪


作り方

①実際に花器に挿していきます。

必要があれば幹や枝をカットしながら、ボリュームや枝の向き・佇まいを見ながら先に枝を活けた状態にしてしまいます。
活けはじめると張り切ってしまうことが多いかもしれませんが(笑)、一緒に飾るポスターなどのアイテムとのバランスを意識しながら、枝の長さやボリュームを決めていきましょう。


花器の中で枝を思い通りの位置に固定させたいときは、以下の方法をぜひご参考に…。
・ 枝同士を絡めて(引っ掛けて)角度を調整する
・ 枝の角度をきめたら、その角度のまま枝が寄りかかれる場所にセロハンテープをピンと張る(写真参照。セロハンテープが交差する部分に枝がもたれかかって思い通りの角度にできます)。


カットの時は、枝分かれしているところで(写真赤線、◎の位置)。こうすると、カットした部分が目立ちにくく、カット後の枝もそれぞれが自然な形で最大限活用できます。


②一番見栄えのいい方向を正面に決める。


枝が活け終わったら、花瓶を少し回転させながら、枝ぶりは飾る場所などを意識して、一番素敵に見える方向を正面に決めます。
本来は正面を意識しながら①ができればいいのですが、難しい場合は、後追いで正面を決めてOKです。

回転させるだけでこんなに表情がかわるんです^^今回は、右下の写真の向きを正面にします。


③ポンポンを貼り付ける。

ポンポンにグルーを付けて、②で決めた正面から見てかわいい位置に貼り付けていきます。

とはいえ、すべてのポンポンを正面向きに貼ると不自然です。(実際に枝に咲くお花も、決まった方向ではなく、360度いろいろな方向に咲いていて、その様子が美しいですよね。)
横向き・後ろ向きのボンボンがあったりした方が自然、かつプロっぽく見えます。
また、正面から見て奥の方にある枝に貼り付けるのも忘れずに。見えにくい部分は後回しになりがちですが、奥の方にポンポンがあることで、奥行きが生まれ、立体的に見えますよ^^


<2>ひし形ガーランドの作り方

おなじみのガーランドも、ひし餅のような形&カラーにするだけでお雛祭りのムードに!
100均の材料で、工作感覚で簡単に作れます♪

材料
S__14770255
・ 色画用紙
・ 使いたい色の入った折り紙や千代紙 (色画用紙で代用も可)
・ 糸
・ 道具/ スティックのり or 両面テープ、はさみ

今回、色画用紙と千代紙はダイソーで購入しました。
このシリーズの色画用紙は、とても素敵なカラーが豊富にそろっているので、必要な色をすべてこの色画用紙で買いそろえてもいいのですが、1袋に1色10枚というなかなかの量なので、余った分がもったいないですよね。
そこで、今回は色画用紙は1色のみ購入し、あとは写真にある「桜じゅうたん」の千代紙を組み合わせて使いました。(色画用紙は千代紙には含まれていない、赤みが強い濃いめのピンクをセレクト)

S__14770253
この千代紙、両面どちらも使える上に、まるでひな祭りのために作ったの!?というほど、捨て色のないカラーの組み合わせ。

このあとご紹介する「作り方」では、2枚の紙を貼り合わせながらガーランドを作っていきますが、千代紙の色や柄を見せたいときも、見えない裏側には「色画用紙」を使うことで強度はありながら、コストや不要な在庫を発生させずに仕上げることができますよ。
(千代紙類を使用せず、すべて色画用紙で制作する場合には、以下の説明の「千代紙」の部分を色画用紙に置き換えて制作してください)


作り方

① 色画用紙と千代紙をひし形にカットする
無題
ひし形はお好みのサイズでOKですが、今回は、10cm×5cmで制作しました。
色画用紙と千代紙を、必要な数だけカットします。

S__14770252
ちなみに、ひし形にカットするときに、1枚ずつ丁寧に切っていくのは負担が大きいですよね。
そこで、1枚分ひし形を写したら、そのひし形が入るサイズで紙を蛇腹に折ってしまうと一気にカットできます。

S__14770254
横から見るとこんな感じ。
蛇腹のままカットすることで、それぞれの間に入っている紙がずれたりせず、かつ一度に大量の何枚もカットできます^^
(型紙の配置の仕方にもよりますが、今回は色画用紙1枚で18枚取れました


②裏面のくる紙にのりor両面テープをつける

ここでは、必ず「裏面」にくる紙に各接着剤を使うことをオススメします。
「のり(A)」の場合、スティックのりを使っても紙に多少そりが出るため、おもて側の紙に塗るよりも仕上がりがキレイになります。
また「両面テープ(B)」の場合、はく離紙をはがす際に紙に折れ跡がつく可能性があるため、おもて側で作業してしまうと見た目に影響が出る場合があるからです。

A:のりを使用する場合
1
のりは、写真の丸印4カ所に特に丁寧に塗りましょう。
塗り終わったら、鋭角の頂点(黄色の○)に糸を合わせます。

B:両面テープを使用する場合
4
4カ所の頂点を意識して両面テープを貼ります。
この時、鋭角部分はテープがはみ出るので、はく離紙をはがしたあと、黄色の線に沿ってはみ出たテープを折り返します。

S__14770246
折り返すと、こんな感じになります。
その後、Aと同じく、鋭角の頂点に糸を合わせます。

 

 


③ おもて面の紙を貼り合わせる

S__14770249
②で各接着剤を付けた紙との間に糸を挟み込みながら、おもて面に来る紙を貼り付けます。


④ 糸の上に等間隔に配置しながら、ひし形ををつなげていく
2
ひし形の間隔はお好みによりますが、今回は3cm間隔で配置していきました。
写真のように、目盛りのついた下敷き(カッターマットなど。100均で購入可)を使うと簡単です。


<補足>

完成品は、中央部のひし形が重みにより少し回転して正面を向かない場合があります。
そのため、基本的に「壁に沿わせる」飾り方が前提です。(運動会の万国旗のように、宙にぶら下げる飾り方には不適。)
また、壁に沿わせる際もガーランドの長さなどによっては多少ひし形が回転してしまう場合があるので、
・目立たない色のテープ等で回転してしまうひし形付近の糸をおさえる
・ひし形の裏面に、輪っかにしたテープを張り付けて固定する
などしてください。


この季節ならではのかわいいアイテム。ぜひ、お部屋やお子さんの雰囲気に合わせて、かわいく飾って頂けたら嬉しいです♪
既にお持ちの方も、これから購入予定の方も…。ぜひご参考になさってみてくださいね♪

 


毎回完売の<グラこころのひなまつり>シリーズ。
500shiro

================

グラこころのひなまつり
<第1回予約受付>
1/25(木)20:00〜29(月)正午まで
ご好評につき完売になりました。

<第2回予約受付>
2/3(土)20:00〜2/9(金)正午まで
ご好評につき完売になりました。

  

グラこころのひなまつり
<本日23:59まで! 今年最後の予約受付中>
◎完売しておりました名入れ商品に、多くの問い合わせ、再入荷リクエストをいただきありがとうございます。そのため、名入れ商品の再受付を行います。正午までの受付時間を本日23:59まで延長します!

◎再度の延長はございません。今年最後、本日23:59までの受付とさせていただきます。ご希望の方は早めにお申し込みください。

受付終了時間前に終了する可能性もありますが予めご了承ください


◎発送は2/20(木)〜順次
※他の商品と一緒にご注文は可能ですが、その場合発送は2/20(火)より順次となります。
※大変混みあうことが予想されますので、ひなまつり用以外の商品も発送までに通常より1〜3営業日余分にいただいております。

多数のお問い合わせをいただいていた
グラこころの大人気のひなまつりシリーズ!
今回が本年最後の受付になりますので、ぜひお早めに^^


一枚貼るだけ。おうちが写真館になる。
<グラこころのおうち写真館>
▼オンラインショップはこちらから
online_link

 

information

4/28(土)〜5/6(日)までGW休業となります。
GWに使用予定の方はお急ぎください。

4/26(木)AM10:00までのご注文&ご入金完了分までをGW前にお届けいたします。
オンラインストアはこちら

最新情報は随時Instagramにて告知します。フォローしていただくとスムーズです。
Instagramはこちら

2018-02-04 | Posted in アイディアノートComments Closed 

関連記事