とっておきの写真と組み合わせれば、もっと、ずーっと、楽しい。「雛飾りポスター」をフォトフレームに。

いよいよ最終予約の受付を迎えた「グラこころのひなまつり」シリーズ
その中でも、「雛飾りポスター」はこのシーズンならではの商品。
写真撮影のときだけではなく、お部屋に気軽に飾れるのが魅力!ですが、簡単なアイディア一つで、ひなまつりの思い出を蘇らせてくれる、長く楽しめるアイテムになるんです…!
おひな祭りが終わっても、通常のフォトフレームとして長ーく身近に飾っておける、「雛飾りポスター」の新たな楽しみ方…ぜひ味わってみてください♪


「雛飾りポスター」を、思い出の写真の背景に。


フレームに入れた雛飾りポスターの上にとっておきの写真を重ねて飾ると、華やかなフォトフレームに変身!
例えば、「おうち写真館」で前撮りしたおひなまつりの記念写真と組み合わせるだけで、こんなにかわいくなるんです…♡

雛飾りポスターが「momo」なら、おうち写真は「shiro」を背景に…。色合いが異なる同デザインの柄を組み合わせると、グッと引き立ちます^^


ちなみに、この写真はA4サイズでプリントしたもの。1枚だけ写真を差し込むなら、これくらい大きく引き伸ばすのがオススメです。
いつもはスマホやL版プリントで見ることが多い写真も、こうやって大きくすると、お子さんの表情もよくわかり、不思議なことにその雰囲気の違いは想像以上…。ぜひ試して、その違いを実感してみてください♪


毎年のおひな祭りが定点観測できるフレームにしても…


毎年のおひな祭りのお写真をまとめたフレームにするのも素敵なアイディアです♪
1年ごとの「ひな祭り」写真をまとめれば、まるで定点観測のようにお子さんの成長が見てとれます。

また、姉妹ちゃんがいるご家庭なら、この写真のように今年のおひな祭りの記念写真にプラスして、姉妹ちゃんそれぞれの初節句のお写真と合わせて飾ってみても…。
それぞれの成長を振り返れるのはもちろん、お姉ちゃんと妹ちゃん、お祝いに集うパパ・ママ、じいじやばあばの変化を見比べるのも面白いですね^^


写真はL版を並べるだけでも素敵ですが、1枚大き目の写真(今回は2L版)をメインに持ってくると、メリハリがついてレイアウトが決まりやすくなります。


おひな祭り以外の写真ももちろんOK!


もちろん、おひな祭りに捉われなくてもOK!
ちょうどお花の美しいこの季節のお写真を一緒に収めた「春の思い出フレーム」にしても楽しいですよ!


写真の枚数を多めに入れたいときには、ひな祭りポスターの2か所(右下と左上)にある「お雛様・お内裏様」のモチーフのどちらか一方は写真で隠さず見えるようにしておくと、背景にもメリハリが出て、季節感も失われません。


初節句後のお礼のプレゼントにも◎


初節句後、内祝を兼ねておじいさま・おばあさまに差し上げる「Thanksフレーム」
にするのもオススメです!
初節句の時の表情や風景をフレームの中にまとめるだけで、こんなに素敵なプレゼントに♪
この場合も、大きな写真(今回は2L版)と小さな写真(L版)を混ぜるとメリハリがつきます。前にご説明した通り、ポスター上の「お雛様・お内裏様」モチーフのいずれか1箇所を見せるようにレイアウトするのも忘れずに…!


ちなみに、今回は「Thank you」の一言も添えています。
少し透け感のある紙(グラシン紙、トレーシングペーパー、オーブンペーパーなど)を使うと、主張が強すぎず、ポスターとの相性もいいのでオススメです。今回は、これをハサミでカットして、シールを貼り付けただけ!


シールは、Flying Tigerで市販されているものを使用していますので、ご参考までに…!


フレームづくりには、ちょっとしたコツが必要…!

さて、このフレーム、ポスターとガラス(orアクリル板)の間に写真を挟むだけ…じゃないんです。
もちろんそれでもいいのですが、多くのフレームではガラス(アクリル板)と写真の間に隙間があるため時間の経過とともに写真がずり落ちてきてしまう場合が…。


その防止策は、ガラス(アクリル板)とポスターをできるだけ密着させること。そのために、例えばフレームの裏側に厚みのあるものを挟み込んでみてください。(今回は、ダイソーで購入した発泡スチロール板。コンサートのうちわに貼り付けるための資材として販売されています)
写真では大きいボードを差し込んでいますが、フレームの背面全体を覆う必要はないので、発泡スチロールボードなど挟み込む素材をカットして、フレーム裏側の留め具にかかる部分のみに挟み込めるようにすればOKです。
こうすることで、フレーム内の写真がだいぶ固定されます。

この方法なら写真に接着剤などは使用していないため、写真もポスターにも傷みが生じず、例えば翌年のおひな祭りの時に写真を外してポスター単体で飾り直したり、新たな写真に差し替えたり…ということを考えている場合にも安心です。


それでも写真が動いてしまう場合や、より確実に写真を固定したい場合、あるいは今後は「雛飾りポスター」を写真フレームの背景として使うと決めている場合には、マスキングテープで写真を留める方法もあります。


ただし、マスキングテープといえども、多少ポスター表面の色がはがれる場合があります。

そのため、マスキングテープを使用する場合には
・ 細いもの(細くカットしたもの)を、
・ ごく小さく輪っかにした状態で1か所のみ
・ できれば色味が薄い部分にテープがつくように
・ 写真をギュッと圧着せず、ポスターとテープがそっと触れる程度
にすると、マスキングテープをはがした時の色落ちが目立ちにくくなりますので、参考になさってみてください。


なお、市販の「付箋のり」(付箋同様、何度も貼ってはがして…が可能)でも実験を行いましたが、ポスターに接着成分が付着する場合があります。もし試してみる場合には、目立たない場所で試してからにした方がよさそうです。
(今回の実験では、修正テープのような、テープ状ののりがケースにはいっているものを用いたため、スティックのりタイプのものでは検証を行っていません。)


今回この撮影をしてみて、雛飾りポスターがフォトフレームの背景として本当にかわいく写真を引き立ててくれることにビックリ!雛飾りポスターの新たな一面を発見した気がします。
「おうち写真館」と「雛飾りポスター」、まだどちらかしかお持ちでない場合には、ぜひ両アイテム揃えて組み合わせてみてくださいね^^

おひなまつりはもちろん、おひなまつりが終わっても、インテリアの一部として、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントとして、長く楽しんでいただけたら嬉しいです♪

グラこころのひなまつりシリーズ <最終受付>まもなく開始!本日20時〜
ひなまつり

たくさんのお問い合わせ頂いているひなまつり【最終受付】は< 2/16(土)20時〜19(火)23:59>で開催します!

名入れ商品も若干数受付します。(受付可能数に達し次第終了)各商品ページ<再入荷お知らせ>を押して頂くと受付開始時にメールが届くのでご利用下さい

今回が今年最後の受付となり、以降の販売はございません。予定数に達し次第終了となりますので、ぜひお早めに^^


★オンラインストアはこちら

★最新情報はInstagramから

2019-02-14 | Posted in アイディアノートComments Closed 

関連記事