こどもの日の思い出をフレームに詰め込んで。1枚のポスターを、ずっと飾れるフォトフレームに!

いよいよ最終の予約受付期間を迎えた、「グラこころのこどもの日」シリーズ。既にお手元に届いていらっしゃるお客さまからも、さっそく素敵なお写真が届きはじめていて、嬉しい限りです♪

そんな中、不動の人気の「おうち写真館」と一緒に、大きな反響をいただいているのが、気軽に壁に飾れるこどもの日ポスターたち。
そのままのデザインで壁にかけていただくと、一気に「こどもの日」モードにしてくれるインテリアアイテム…ですが、せっかくなら、思い出を詰め込んだ、ずっと飾れるフォトフレームにアレンジしてみませんか?


今年の新作「金太郎」シリーズは、フォトフレームとしても映える!


(写真サイズ:A5、2L)

今年早くも人気シリーズとなっているデザイン、「金太郎」
実は、フォトフレームとして使うと、立体感が増して、とても印象的なフレームになるんです♪


(写真サイズ:2L、L)

相性◎なのは、おうち写真館の「金太郎」を背景に撮影した写真を、色違いの「金太郎ポスター」に合わせる方法。
(金太郎は「misora」と「akatsuki」の2色展開です^^)

アイテムが画面全体にリズミカルに配置されたデザインのポスターなので、それに合わせて複数枚の写真を組み合わせて散りばめるのがオススメです。
写真の大きさを少し変えて、画面を単調にせずにメリハリをつけるのも大事なポイント。

特に思い出深いお祝いの「初節句」には、ぜひおうち写真館と合わせて、色違いの金太郎ポスターもご一緒に揃えてみてくださいね^^


FLAGは、どんな写真とも相性◎の万能フレームに!


(写真サイズ:A5、L)

一方、フレームにする、という前提なら一番の万能選手なのが、koinobori ポスター【FLAG】

白い壁に落ち着いたカラーのガーランドが躍るデザインは、どんなカラー・テイストともコーディネイトがしやすいんです。「毎年、違う背景で撮った写真を追加していきたい」「いろいろなシーンで撮影した写真を組み合わせたい」…という方にもオススメですよ!


(写真サイズ:2L×2枚)

もちろん、こどもの日以外のおうち写真館とも相性◎なので、入園・入学を迎えたお子さんは、こんな風にランドセル姿や入園式・入学式の写真と、こどもの日の写真を一緒にレイアウトしても…。忘れられない1シーズンの思い出が、ギュギュっと詰め込まれた素敵なフレームになります。ご祖父母さまへのプレゼントにもいいですね。


(写真サイズ:L×2枚)

ちなみに…写真をモノクロにするという裏ワザも。FLAGの雰囲気とマッチして、断然オシャレな雰囲気に仕上がります。様々な色味の写真のコーディネイトに悩んだときにも、ぜひお試しください♪


koinoboriポスター【SEA/SUN】なら、思い切ってコラージュに挑戦!


一方、ちょっと個性的にまとめたいならkoinoboriポスター【SEA/SUN】を使うのもオススメ。

こちらのポスター、こいのぼりのモチーフが印象的な一枚なので、プリントした写真をそのまま定型の状態で入れると、ポスターの絵柄と写真の魅力がぶつかりあって、実はなかなかコーディネイトが難しいんです…。
そんな時は、写真をカットして、ポスターに一体化させてしまう、というアレンジが◎!
こちら、実は何度もグラこころの商品をリビートしてくださっている、@kumamusumeさまがインスタグラムで紹介してくださったアイディア。

こどもの日のお祝いの時にとった写真はもちろん、日々のかわいらしいお子さんのシーンをカットしてコーディネイトすれば、くすっと笑えるアルバムのようなオリジナルポスターが完成です!


家族写真をカットして合わせてみたり…ちょっと窓から覗かせてもユーモラスでかわいらしいですね。


ちなみに…写真を気軽に差し替えたい場合には、ポスターに貼り付けずに固定する裏技も…。
詳しくは、以前掲載したこちらの記事の後半をご参考になさってくださいね。

「おうち写真館」と「ポスター」、まだどちらかしかお持ちでない場合には、ぜひ両アイテム揃えて組み合わせていただくと、楽しみ方がグンと広がりますよ♪
こどもの日が過ぎても、長くインテリアの一部として長く楽しんでいただける「ポスターを活用したフォトフレーム」、ぜひお試しくださいね♪

 

information

クレジットカード決済にて5000円以上ご購入の方は「もれなく1000円オフ」となるお得なキャンペーンがスタート! 5000円以上の商品は全て対象、また2枚以上ご購入の場合は、送料無料+1000円オフと大変お得に!この機会にぜひご利用ください。6月30日までの期間限定となります。
オンラインストアはこちら

最新情報は随時Instagramにて告知します。フォローしていただくとスムーズです。Instagramはこちら

2017-04-17 | Posted in アイディアノートComments Closed 

関連記事