産後を前向きに過ごす、私の小さなルーティン。

こんにちは、グラこころオーナーのRyokoです。

物事が決められなかったり、なんとなくクヨクヨしたり。
私も産後、そういう期間がありました。
「二人目だし、ま、大丈夫かな〜」と楽観視していた部分もあったのですが
他の友達も「同じようなことがあったよ〜」と話してくれて。

とはいえ、上の子もいるし、やっぱり毎日元気に前向きに過ごしたい。
そのために、私がルーティンにしていたことをご紹介させてください^^


その1.
朝起きたら、何よりもまず、顔を洗う

ほんとーーに辛い夜の授乳。
たっぷり夜中爆睡できる日がまた来るのかしらと思いながら
朝はできれば1分でも多く寝ていたい…。
いや実際寝ています…笑。
とはいえ、上の子のお弁当作りがタイムリミットとなり起きるのですが。

起きたら、トイレに行くより、カーテンを開けるより、まず一番に顔を洗う!
(え、当たり前やん?ってお言葉も聞こえそうですがw)
何より先に、というのが私的にポイント。

顔を洗って、スッキリして、スキンケアをしながら
「今日はあれやろう」「これをやっておかなきゃな」と頭の中で組み立てます。
頭も顔もスッキリしたからこそ、その後の動きがずいぶんよくなる気がしています。

▲右のルナソルは、くすみがクリアになって、毛穴ケアもしてくれてお気に入り!ごわつきが気になるときに使っています


その2.
太陽の光を浴びる

顔を洗ったら、お弁当用のご飯をレンジにかけたり、
電気ポットでお湯を沸かしたりしている間に少しだけベランダに出るようにしています。

そう、「日光浴」!

太陽の光を浴びると、なんだか前向きになる気がしませんか?!

もちろん、お天気がいい日ばかりではないですが
その日の気温を肌で感じて、
娘に登園時何を着せるかを考えたり。

外にでると、やっぱり空気も新鮮。
あたたかい太陽の光で、元気が少しチャージされます。


その3.
肩甲骨を開く

おむつ替えや授乳など、産後って本当に肩が凝ります。
そして気付くと前傾姿勢になりがちですよね。

だからこそ、意識的に肩甲骨を開くのがとっても大事だなと感じています。
そんな中、ストレッチポールが大活躍!
何かの番組でみて、ポチしたのですが、
産後に買ってよかったもののナンバーワンかも。

授乳後赤ちゃんが寝たら、ストレッチポールを出して、自分も寝転んだり。夜、お風呂上がりにシートパックをしながら寝転んだり。

1分でも無心になって、ストレッチポールで肩甲骨を開くことで
すごくスッキリ、前向きになれる気がします。

やっぱり、クヨクヨ悶々としている時って気付かずに前屈みになっている気がするんですよね。
だからこそ、まずは姿勢から前向きにしていくというのがいいんじゃないかなと思います^^

◎ストレッチポールはAmazonで購入しました
GronG(グロング) ストレッチ用ポール エクササイズポール ヨガポール 98cm ソフト グリーン


二人目の産後でも、こういう時期があったことは結構想定外でしたが・・
でもやっぱり小さな赤ちゃんのお世話をすることって、知らず知らず気持ちが張り詰めているんですよね。睡眠も細切れになるし、それまでと違って当然です。

だからこそ、簡単にできることで、続けていけることをやりながら、上手に気持ちを切り替えていきたいですね。毎日前向きに過ごせるよう、私も色々と試してみたいです^^


Instagramでも日々のアレコレを発信しています。是非ご覧頂けると嬉しいです^^

▶Instagram @gracocoryoko

ショップからのお知らせ
現在、混み合っております 

たくさんのご注文いただいている状況のため、発送まで2〜3営業日をいただいております。お急ぎの方はオンラインショップの備考欄にご記入ください。お届けは最短で発送後翌日(北海道・九州・沖縄は+1 日)となります。※配送業者も大変混み合いますので余裕を持ってご注文下さい。


商品の詳しい情報はこちらへ
特集記事
by
関連記事